TOP > さまざまな治療方法 > 関節リウマチ~発症している妊婦さん~

関節リウマチ~発症している妊婦さん~

関節リウマチ…実は、男性より女性の方に発症率が高い傾向にあります。

そして厄介な事に、妊娠さんが関節リウマチを患っている場合も少なくないのです。

仮に関節リウマチを患っていたしても、妊娠することによって女性ホルモンが活性化され、関節リウマチを患っていても改善するといわれています。
(※ちなみに妊娠中に関節リウマチが改善していても、出産後女性ホルモンが低下することによって、再び悪化する可能性が高いとも言われています。)

逆に妊娠中でも、体重が増加することによって関節に負担が掛かり、関節リウマチを悪化させる場合もあるのです。

このように関節リウマチを患っていたとしても、元気な赤ちゃんを出産することはできます。

ただし…妊娠している場合、関節リウマチを抑制している抗リウマチ薬を処方することはできません。
(※通常妊娠していない場合、抗リウマチ薬を処方し関節リウマチの症状を安定させることができます。)

何故なら抗リウマチ薬を処方することによって、胎児奇形を誘因させることになるからです。
(※妊娠中は抗リウマチ薬の変わりに、ステロイドを少量経口投与することで関節リウマチの悪化を防ぎます。)

妊娠中に限らず、関節リウマチを患いたくはありません。

しかし発症してしまった以上、きちんと医師の指示に従い、妊娠/出産に備えなければなりません。