TOP > さまざまな治療方法 > 関節リウマチと運動療法&装具療法

関節リウマチと運動療法&装具療法

人間の身体は、動かさない部分からドンドン弱っていきます。逆に動かそうとすることで、骨・筋肉・関節などの組織が機能し始め、新陳代謝も活性化するようになります。
そう考えると、私たちにとって運動をすることがいかに重要なことなのか、改めて考えさせられる疾病があります。それが関節リウマチです。
実際、関節リウマチの患者様の中には、関節の痛みに負けてまったく運動をしなくなり…今では手足の関節・筋肉が固まり動かすことさえ出来なくなってしまった方もおられます。
そうならないためにも、関節リウマチの患者様は運動療法をすることで、身体の機能を維持し続ける必要があります。
ここでは、運動療法のポイントを整理してみたいと思います。
まず重要なポイントとして、「関節を大きく動かす」「多少の痛みを感じるくらい力を入れる」ことが挙げられます。何故なら、関節の動く範囲(=可動域)を狭めないようにするためです。仮に関節を大きく動かさなければ、結果として可動域を狭めるだけ…まったくリウマチ体操としての効果を成し得ません。
また総合的な筋力が落ちないようにするために、関節の曲げ伸ばしの最後の動作:3~5秒間、しっかり力を入れることが大事です。もちろん、筋力の加減は自分自身の症状に合わせてしなければなりません。
そして運動療法の注意事項として、「運動と運動の間で、必ず深呼吸(=リラックス)する」「翌日に疲れ(=痛み)を残さない」ことが重要です。
また関節リウマチの痛みのため、1人でリウマチ体操をすることが難しい患者様もおられると思います。その時、理学療法士などの専門家にリウマチ体操を教えてもらう(=補助)ことも大事なことだといえます。
運動療法は、身体の全関節=手首・肘・膝・脚・肩などをしっかり動かすために組み立てられた体操です。一度にすべての関節を運動することは難しいかもしれませんが、時間を見つけて毎日、実行することが大切です。
また関節リウマチで、装具療法と呼ばれる治療法もあります。
装具療法は関節リウマチの痛みが激しい時、関節に装具を取り付けることで関節炎症を鎮める効果があります。さらに装具療法=関節の変形を予防する・関節にかかる負荷を軽減することができます。
しかし外見上の理由から、装具を取り外してしまう患者様がおられるのも事実です。装具を取り付けること自体が、関節リウマチの改善に繋がるのですが…
装具療法の場合、医師からの勧めによって行われます。関節リウマチを改善する気持ちがあるならば、きちんと装着すべきだと思います。