TOP > さまざまな治療方法 > 関節リウマチは…治らない疾病なの?!?

関節リウマチは…治らない疾病なの?!?

現代医療をもってしても、以前として関節リウマチの発症原因は完全には解明されていません。
(※一説では「遺伝子によるもの」が約40%、そして「人体免疫システム+環境ストレス因子」が約60%といわれています。)

では関節リウマチを発症してしまうと、痛みを感じる生活を一生余儀なくされるのでしょうか。
関節リウマチは、治らない疾病なのでしょうか。

仮に関節リウマチを発症したとしても、発症1~2年の間にきちんとした治療さえ受ければ、骨が変形するといったことは起こりません。

そして関節の炎症部分がまだ小さければ、薬物療法によって関節リウマチを完治することもできます。
(※ちなみに完治とは、まったく治療する必要がなくなった状態/治癒とは、治療を続けながら症状を改善させる状態をいいます。)

これはすべての疾病に繋がることですが…とにかく疾病の症状が小さい時に治療さえすれば、くすぶり続けていた火(症状)は消すことができるのです。

しかし発症して1~2年の間、関節リウマチの専門医療機関に通院したとしても、痛みが治まらず…以前として苦しんでいる患者様がいることも事実です。
(※それは、関節リウマチが完全に解明されていないことを証明することでもあります。)

どちらにしても、くすぶり続けている火を消すことができるかどうかが、関節リウマチのターニングポイントとして捉えるべきです。